<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

日曜日の公園散歩と通院記録

日曜日、定期検査の帰りに1月にお友達のお誕生会の時以来2度目のカフェに行ってきました。

犬okなカフェらしかぬランチとサービスでいただけるのがお気に入りになってしまい
病院の結果が良かったら行こうということだったのですが
たぶん予約しないとムリかと、ダメもとで電話したらラッキーなことに空いてて良かったです。




レオンはお初だったね。もうコレ自分の分だと思ってるよね(*^_^*)


その後はやっぱり緑地でのお散歩はかかせないよね。





チューリップは来週末くらいが見ごろかな。まだまだ花芽は葉っぱの中でした。


これはなんだったかな?杏だったかな。





河津桜がここにもあるって聞いたので、風車の所から頑張ってお散歩しました。
この日はとっても暖かかったので、少し歩くと汗ばむくらい。
レオマリもお口あけてました。こうなるとレオンは抱っこなの^^;


ソメイヨシノと違って濃いピンク色がステキです。






今度はチューリップが咲いたころ行ってみようね。



追記は通院の覚書


Drに言われたことを忘れないように覚書として。

心雑音があると言われてから、数年後2011.6に心エコーを撮った時はまだ、ごく初期の状態だったのが
2012.6にエコーで進行が認められ薬を追加。2012.12には変化なし(でも、実は少々難アリ?)。
で、今回の診察で3回の画像を並べてみる。

逆流を示すカラードップラーではもう判断できないほどのレオンの心臓(3回とも同じ)
もうね、服の上から胸に手をあてても逆流がわかるの。

なので、判断する部分として、心臓の収縮を示す数値。
それと、左心室と大動脈の径の比率。

2012.6の時には心臓の収縮は正常値内の下限(血液をギュっと押し出す力が弱い)だったので
左心室も大きくなっていた。

今回は心臓の収縮は正常値の中ほどになっていて
強い逆流はあるものの、血液を押し出す力も強いので良い状態を保っているようです。
なので左心室も少し小さく写っていました。
薬が効いていると思われるので、今の生活を変わりなく過ごすこと。

ただ、僧弁閉鎖不全症は治ることはないので
何もしなければ、右肩上がりに進行してしまうのを
穏やかな進行度や今の状態を維持しているというのはとても良いこと。

とのお話でした。
スポンサーサイト

| 病院記録 | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://leomari.blog.fc2.com/tb.php/454-28f51e2b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。