<< 2011-06- | ARCHIVE-SELECT | 2011-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

近況報告。ってほどでもないか (^^ゞ

専業主婦となってからの私の更新頻度からしたら


少しだけ御無沙汰しました。


その間の我が家の様子など少し。


 


先日、両親が帰ってから気温も一気に上がった暑い一日


今年はお外のお出かけが難しいレオマリですが


ちょっとばかりプール遊びをしました。


プール遊びもどき??


ですが水位はレオンの好きな足首(?)ほど


 


夏休みに入ってからの土曜日。


私だけ、滋賀までお出かけ。


前職場のみんなと飲み会。


飲み会までの時間にお久しぶりに「姫ちゃん」と戯れる。



22:20の電車で帰宅。


 


↑の前日に、本腰入れて職探しした仕事の面接。


第一希望ではなかったけど、運よく採用が決まり先週木曜日から働いてます。


平日は午後のみ、土曜は午前中のみ。日、祝は休み。


暑い時期からのスタートで乗り切れるかどうかわかりませんが


まぁ、頑張ってみましょう。


 


さて、ただいまマリンちゃんの体調がいまいち心配なことになってます。


こちらに越してきてからステロイドのかわりに処方された


抗ヒスタミンとイムロースのおかげでほとんどカイカイしなくなって


つるんつるんだった腿のあたりにも毛がずいぶん伸びて喜んでいたのですが


H22.7.20


          


H23.7.31


熱中症の疑いのあったころより


エアコンをオンしてても、寝息がレオンより早くなったり


ハアハアしていることがあったりで


心配になり皮膚の薬をもらいに行った時に相談すると


「マリンちゃん、最近元気がないですか?」と。


そういえばお散歩もすぐに帰りたがることがある。(ホントにすぐ、家の前の道に出てすぐ)


そういえばレオンを遊びにも誘わなくなった。


そんなことをお話したら


「皮膚の状態はいいのに毛吹きがあまりよくないし、念のため甲状腺の検査をしてみませんか」と。


甲状腺の機能が低下すると、疲れやすくなったり、体温の調節が自分でしにくくなったりするそうで


ステロイドを常用していた子がそれを止めると、


長くステロイドに頼り切っていた体の機能が自分の力でうまく働かなくなるようで


甲状腺の機能に影響が出ることは多いそうです。


それで、検査結果が出たので


昨日行ってきました。


甲状腺機能低下症は主に2つの数値で判断されるのですが


それがT4  0.8   (参考値は1.1〜3.6)


       FT4  0.6   (参考値は0.5〜3.0)


先生が言うには「この数値だと、かなりしんどいはずですわ」というわけで


甲状腺ホルモン剤を規定量の半分から様子見しながら投与します。


ついでに最近のマリンのおちっこがかなり臭うというと


「まだ膀胱炎がくすぶっているのか、今おちっこ出るようでしたらすぐに検査してみます」となり


外に出て、おちっこ出るタイミングで膿盆を差し入れると


例の臭いおちっこに何やら濁って浮いているものを確認。


結果、桿菌が3+です。浮いているのは膿でした。


この菌がおそらく緑膿菌か大腸菌ですが


確実に菌をやっつけるため、菌を培養して菌の特定をするそうです。


この膀胱炎はステロイドを止めたことと直接の関係はないらしいですが


体力が落ちているときは感染症を起こしやすくなるそうです。



 


というとこで、甲状腺のお薬と、膀胱炎のお薬と皮膚のお薬と、胃薬などなど


いっぱいお薬を飲まなければいけないマリンですが


食欲は落ちてないので取りあえず安心です。


 


検査続きでお財布も痛かったので


その意味ではお仕事見つかって良かったかな?


 


 


 

スポンサーサイト

| 病院記録 | 23:18 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

私の週末のこと 〜奈良編〜

さて、2日目は休みを取ってくれたパパさんが


ホテルまで迎えに来てくれて、またまた観光スタートです。


 


奈良まで高速で直行の予定でしたが


父が前日から坂本竜馬のゆかりの地に行きたいと言っていたので


方向的に同じ「寺田屋」に寄ることに。



開館時間まで待つ時間がもったいないので


残念ながら中には入れず。(って意味ないじゃん??)


伏見もなかなか風情があっていい感じでした。


ゆっくり歩いてみたいかも♪


 


そこから奈良までまっすぐ直行。


まず始めはやっぱり 東大寺。



私は高校の修学旅行以来の東大寺、


〇十年前はこの山門ももっときれいな色が残っていたんだろうな。


とっても古いけど立派な建築に圧倒されました。


次は 興福寺へ。


歩いて行ける距離だけど、この日は前日とうって変わってもの凄くあつく


両親は歩くのは無理と判断して、二人にお昼ごはんをとらせつつ、レストランに置き去り(笑)にして


急いで3人で 阿修羅像に会いに行きました。


姉はこの像を去年東京で見る予定だったのが


結局行けずだったので、いたく感動してました。


 


このあと、平城京の朱雀門を車中より眺め、薬師寺へ。



ここにも国宝・薬師三尊像があります。


真ん中の薬師如来も然ることながら


両脇の菩薩像の動きのあるお姿はとても美しかったです。


 


さてさて、このあとは私も行ってみたかった明日香村へ。


奈良市からかなり南下するけど、こんな機会2度とないかもだしね。


だれでも1度は教科書などでみた憶えのある 高松塚古墳壁画


 


しかし、1番近い駐車場からあるくこと15分という説明に


両親を連れていくのは無理だと諦めかけていたら


「車いすがありますよ」と受付の方に勧められ


軽く起伏のある道を父はパパさんが


母を姉と私で交代で押して行きました。


両親もまさか車いすに乗せられるとは思わなかったでしょうけど


壁画を見て太古のロマンを感じていたようですが


別な意味でも印象に残ったことでしょうね。


 


さて最後はこれも見覚えのある 石舞台



 


なにか、横たわる人のようにも見えて子ども心に印象に残ってましたの。


最後に全員で記念撮影(郊外活動?で来ていた女子高生に撮ってもらいました)



とても暑い日、みんな汗だくになりましたが


両親も姉もとても楽しんだ歴史とロマンの旅になりました。


 


我が家担当の食事をすませ、


一日ぶりに会えたレオマリはお客様より私が帰ってきたことに夢中で


おやつをもらった後は思ったほど興奮することもなく


両親の布団に寝転がったり、夜中にトイレに起きた両親のところに


階段があぶないので、私と一緒にチェックしにいってくれたりお利口さんでした。


翌朝のご飯の時には



ちゃっかり母のうしろでくつろぐレオンなのでした。


 


実家に帰ると、パパさんの実家(というか我が家)も近いので


結構あっち行ったり、こっち行ったりで


嫁としては実家に入り浸ることでなかなかできずなので


こんなふうにゆっくりまったりできて良かったと思います。


姉は体力的にも大変な思いをさせて申し訳なかったけど


おかげで良い思い出ができました。


 


今度は私が顔を見せに行くからね。


それまで元気でいてくださいね。

| お出かけ | 22:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

私の週末のこと 〜京都編〜

先週、私の両親と姉が我が家を訪問してくれました。


私の実家は東京からもう少し北に行ったところで


なかなか帰省もできず久しぶりの家族集合でした。


父母ももう、78歳と79歳と高齢なため二人だけではこちらに来るのは難しいので


姉が連れてきてくれました。


 


木曜日。


京都で待ち合わせ。


京都駅に10時41分到着の新幹線なのに


その日の朝になって、観光タクシー予約の指名を受け


あわててネット検索してなんとか確保できました。


まず、姉の希望の三十三間堂へ。



お堂の中は写真NGなのでありませんが


千体の千手観音立像の中央に安置されている 国宝 千手観音坐像はとても温和なお顔をしていました。


私は国宝より周りの千体千手観音立像のほうが感動的でしたが。。。


しかし、両親と一緒にゆっくり旅行気分ができるのも


もしかしたらこれが最後かもしれないと


今回写真をいっぱいとるぞと気合が入っていたのに


まさかのカメラ忘れ、おまけに姉のカメラを借りてはいたものの


梅雨の最後の大雨であまり撮れませんでした。


 


次は 広隆寺です。


こちらにも有名な国宝が。。。


弥勒菩薩です。


この菩薩さま、本当にほれぼれする位のお顔とお体で


またまた感動


他の観音様や仏像にないスレンダーなお姿が美しかったです。


 


最後は父の希望、大河ドラマの影響で千利休の縁の大徳寺です。



いくつかの小さなお寺の集まりで公開されているうちの大仙院を見学しました。


お抹茶つきの拝観料を払うと


著名な尾関宋園住職の愉快なためになるお話も聞けました。


秀吉や千利休も歩いたうぐいす張りの廊下やお茶を点てた茶室もありました。


 


これで初日の京都観光は終了〜


高齢な両親でも余裕をもって回れるコースにしました。


 


この夜は私も一緒にお泊り。


京都駅直結の便利なホテルG京都。


とっても高級感たっぷりで贅沢させてもらいました。(一日目は姉但当、ありがとう!)


夕食は貴船のひろやさん


ほんっーとに残念な雨でせっかくの川床もできずにお部屋食になりました。


ほんとうに残念!もったいない!!


ではお料理の数々を



 



ほかにもいろいろ美味しい御馳走づくしでした。(貴船には過去に行ったこと(ランチ)がありますが、こちらはお高いです)


お姉ちゃん、奮発してくれました。


せっかくなので川の流れと一緒にパチリ。


姉と両親



私と両親



みんなで



 


両親の笑顔がとってもうれしそう〜


 


ホテルに戻って両親を寝かせた後


姉と二人でラウンジで



姉も去年は辛いことがあり気の休まる日々が無かった時期があって


その時の思いや苦労話を聞いたり


両親が本当に歳をとったと実感した話をお互いに話したり夜が更けていきました。


 


後半はパパさんに迎えに着て貰っての奈良の旅です。


 


つづく。


 


 


 

| お出かけ | 17:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

マリンのおちっこ

先日、軽い熱中症を起こしかけたマリン


それ以後、就寝中やお留守番にはエアコン稼働により


同じ症状は起こしていないので、やれやれな日々を過ごしていましたが



 


土曜日の夕方7時前、抗ヒスタミン剤をもらい忘れて


パパさんにお薬だけ取りにいってもらっている時


(もみじさんは午後診は7時までで、翌日曜日は予約診療のみなので)


夜7時半ころ、マリンがトイレでしたおちっこを見ると


明らかに血が混じっているのがわかりました。


慌てて、病院に連絡すると病院にいたパパさんに採尿セットを渡すので


日曜日に持ってきてくださいとのこと。



おちっこの異常といえば、膀胱炎や結石や腎臓関係が思い当たり


そういえば2日前に「ん?コレ血?ゴミ?」と首をかしげるくらいの点状のものがあったな。


そういえば以前よりおちっこ回数が多いかな?


そういえばおちっこの色が濃かったかな?


などいろいろ思い出しもっと早くにマリンのサインは出ていたのに


気付いてやれなかった自分を反省しました。


その日は夜10時半のおちっこにも血が滲んでいましたが


夜中3時半、朝5時半、7時過ぎから今までは血は確認できません。


こう書いてみたらおちっこ多いですよね。


でも、量がちょびっとってことはないんですよ。


日曜日、病院で尿検査と血液検査と念のためレントゲンを撮り


消去法で考えていくと、


血液検査の結果では腎臓の異常は考えられない。


レントゲンで膀胱の石は確認できていない。(が、小さいと写らない)


では、どこからの出血かということになると


おそらく膀胱に細菌が入り込み内膜が炎症を起こして、そこからの出血であろうということです。


これが尿検査



おちっこのpHが高いとストラバイト結石になりやすく


低いとシュウ酸カルシウム結石になりやすいそうで


尿に結晶(結石があると出る)はでてはいないが、症状が続くようならエコーを撮ることになりそうです。


5日分の消炎剤と止血・抗生剤と整腸剤を服用します。


マリンさんこれに皮膚のお薬も飲むのでお薬漬けになっちゃったね。ごめんね。


 


↑ のマリン、具合が悪そうに見えますが


これは寝起きを撮ったからで、しっぽの方は。。。


 



こんなにブレるほど元気です


 


 


 


<覚え書き>


最後のステロイド6/30に投与


イムロースの効果が出れば抗ヒスタミン剤も減らす方向に。

| 病院記録 | 20:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。